幅広い仕事内容だからこそ昇進を目指せる

建築の求人情報でこだわりや目標を見ておく

一般住宅のほかに店舗やオフィスビル、道路や鉄道橋、トンネルなど「建築業」の仕事は幅広く、社会の基盤を構築しています。建築業の営業は、発注者と社内の関係者を結ぶ大事な役割です。発注者から要望を聞き、各部門と連携しながらプロジェクトを進めていきます。設計は、発注者の要望に沿って建物を提案する仕事です。建物の利便性や機能性、デザイン性、安全性を追求、工夫して思い描いていたデザインを図面におこしていきます。施工管理は、ざっくり言うと設計図を基に建設を管理する仕事です。建物をつくる工事や計画、多種多様な専門工事会社、工程や品質の管理をおこないます。技術や知識はもちろんのこと、多くの職人を仕切るため、みんなをまとめるリーダーシップも必要です。
求人情報で職場を決めるときは、会社が目指していること、こだわっていることを確認しておきましょう。自分と同じ目的なら、そこは働きやすい職場です。また、会社状況をチェックしておくことも忘れてはなりません。従業員を募集していれば今すぐに崩壊することはほとんどありませんが、あまり良くないところは避けましょう。手当ての内容も企業によって異なるのでリサーチしておくべきです。

建築業界での求人の幅広さを知る

建築業界の求人は非常に幅広く、実際に現場に携わり、建築そのものにかかわる建築でも土木を含む物造りの業界に関しては、いわゆる一般的に「建設」と言われるものですが、一口に建設といっても個人の家屋建設から、マンションのような集合住宅、更には道路、橋、などの公共事業と多様に分かれています。事業主も以上から推測がつくように個人、団体、企業ひいては国のレベルに至るまで様々です。そのため新規や維持の事業を含めて建築業界の求人は高まる傾向にあります。
建築業界はその職種の分類も数多く、設計、施工計画、またはコストや人員の管理、それに追随する事務業務も含まれます。建築業界に特化した資格がたくさんあり、資格習得にとって更なるキャリアアップから、新業務への転身もきっかけをつかみやすくなるのもこの業界の特徴です。例えば、主なものに現場で必要となる車両建設機械の操縦免許、建築資格(建築士CADデザイナーなど多くのCAD資格を含む)、商業施設士、測量士、建築業経理事務士あるいは施工管理技士、工事施工士といった資格があり、これらは自分の仕事の状態に合わせて働きながら取ることが可能で、確実にキャリアの昇進を目指すことができます。