身体を動かす事や物作りが好きな人にピッタリ

建築の求人でチェックするポイント

「建築業」にはさまざまな職種があります。大きく分けると営業と現場で作業する職人、設計があり、パソコンと向き合う仕事と体力が必要な仕事に分かれます。資格が必要な職種もあるので、事前に知っておくと良いでしょう。給料は会社の規模や景気にもよりますが、だいたい600万円から650万円くらいです。また、面接を受ける前に社会保険など待遇も確認しておきましょう。将来のための厚生年金、ケガや病気のときに受けられる健康保険、勤務中や通勤中にケガをしたときにサポートしてくれる労災、退職したときに雇用保険があるか確かめておくべきです。
建築士は図面を提案、制作するための能力や体力が必要な仕事で、どれもひとりでできる仕事ではありません。すべて「コミュニケーション能力」が必要とされるものばかりです。他社や依頼者、いっしょにものづくりをする、仲間とうまくやっていく協調性がなければ勤まらないと言われています。また、建築業は休みが安定していないのがデメリットです。求人サイトで職場を選ぶときは休みを確認しておきましょう。1ヶ月、1週間で何日休みがあるか、年末年始やお盆など1年間で何日休みがあるかもチェックしておくべきです。

建築の求人への応募をお勧めする理由

就職先や転職先を今現在探しているという人のお勧めしたいのが建築の求人です。最近の傾向として建築の求人ではなかなか応募者がいないというのがその理由です。つまり、建築の求人に応募をする人が少ないということは競争率が高くなく、採用される可能性が非常に高いからです。すぐにでも就職や転職をしたいという人は建築の求人への応募をしてみるのもひとつの手です。また、建築の求人への応募をお勧めできる理由として将来的にも建築関係の仕事は決して途切れることがないという点です。人間が建築をした建物については寿命が必ずあり、どれほど頑丈につくられた建物であってもいづれは立て直しをしなくてはなりません。つまり、定期的に建物の立て替えの需要があることになるので、建築の仕事というものはいつまでたっても途切れる心配はないのです。
ほかの職種や業種では業務の効率化を図るためにロボットなどが採用され、その結果として人間が仕事を奪われてしまう可能性がありますが、建築関係の仕事に関してはロボットに仕事を奪われてしまう心配はないので安定した収入を定年まで得られるという安心感があります。物を作ることが好きな人や体を動かすことが好きだという人は建築の求人に応募をしてみてはいかがでしょうか。