待遇や能動時間など複数の企業を比較して選ぶ

建築の求人の探し方や傾向について

ガテン系と言われる建築の仕事は、新築や改築、増築、耐震工事などを行います。ガテン系の仕事とは、技術職や技能労務職の事を指します。体力勝負というイメージがありますが、それだけではなく専門的な知識を必要とする場合もある職種です。建築の求人を探す時は、ハローワークや求人雑誌、新聞折込求人、求人サイトなどを利用しますが、最近ではネット上の求人サイトを利用する人が増えていて、その理由には探し易さという点があります。
ガテン系と呼ばれる、建築の求人に特化した求人サイトがあり、サイト内は内装や外装、設備工事、解体工事など職種毎細かく分かれていて、自分の理想の求人を探し易くなっています。ネット上には、そのような建築の求人を専門に扱うサイトが複数あるので、色々利用して幅広く求人探しするのがおすすめです。建築の求人の傾向は、全国的に大規模なインフラの老朽化対策や、既存建造物のリフォーム、改修などが追いついていない為、求人数は今後も増加傾向の見通しです。人手不足もあり、求職者からすると探し易い環境ではありますが、企業や事業者によって給与や休み、労働時間などの待遇面に差があるので、複数の求人を見て比較しながら応募する事が大切です。

建築物空調設備の求人

建築に関する求人の中でも今回は、建築物には欠かせない空調設備会社の求人について見ていきたいと思います。空調設備の求人は、一般家庭の空調管理ではなく、大規模工場や、病院の空調設備を管理する求人のことを言います。空調設備を管理する求人については、大規模建築物に常駐して設備を管理する求人と、基本は事務所に待機していて、必要になったときは事務所から駆けつける求人があります。
大規模建築物に常駐する求人は、建築物の営業時間に合わせたシフトになります。病院に常駐する求人は、ほとんどが24時間勤務の三交代です。不規則勤務であるため、体のリズムを作るのが難しく自律神経失調症になりやすいので注意が必要です。残業が少ないため、給料に関しては、基本給に夜勤手当てを足した分になります。事務所に待機して、不具合が起こった場合に、現地に駆けつける求人は、通常1つの事務所で複数箇所を担当します。そのため、どの建築物にどの空調設備が入っているかを知ることが重要です。また、事務所からは距離があるため、工具などの忘れがないようにすることが重要です。残業は多いです。夕方まで外でメンテナンスをして、帰ってから報告書をまとめることが通常です。しかし、建築物に常駐する求人よりも給料は良いです。